生前贈与の種類と特徴

subpage01

生前贈与にはいくつかの種類があるので、目的に合わせて有効に活用すると良いでしょう。


暦年贈与は受け取り側1人が1年間に贈与された金額から110万円が基礎控除として課税から免除されるもので、遺産相続の際の財産を減らせるため、税金対策として利用できる方法です。

相続時精算課税制度は2500万円までが非課税となり、超過した額について20%の贈与税がかかります。遺産相続の際には生前贈与した金額も含めて課税されますが、既に払った贈与税は免除されます。


これを利用すると暦年贈与への切替えはできなくなります。
子供が事業を始めるために資金が必要であるなど、早期に財産を相続させて使わせたいときなどに有効です。



また、事前に財産を配分してしまうことで相続争いを防ぐ事もできます。

60歳以上の親から20歳以上の子、孫に対する贈与が適用対象になります。

真剣にgoo ニュース情報サイトを利用しましょう。

父母や祖父母から住宅取得等資金の贈与を受けることもできます。

取得する住宅の種類によって非課税となる金額が異なりますが、一定の要件を満たしていれば最低でも500万円までの贈与が非課税になります。



婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者に対して住宅や不動産などの購入に使用する資金に限り、基礎控除の110万円に加えて2000万円までが控除されます。

また、平成27年12月31日までに利用できる生前贈与として、父母や祖父母が30歳未満の子や孫の名義を解説し、教育に必要な資金を預け入れた場合に1人当たり1500万円までが非課税になります。

なお、30歳になったときに教育資金に残金があった場合にはそれに対して贈与税がかかります。

注目情報

subpage02

生前贈与は税金を安く済ませることができたり、遺族の不毛な争いが解消できるので好ましい選択肢なのですが、ポイントを抑えておかなければスムーズに完了させることは困難です。そこで、まずは中期もしくは長期的な計画を立てていくようにしてください。...

NEXT

法律の秘密

subpage03

遺産相続を行う際には、相続を受ける人全員の同意が必要になる事が多いものです。特定の親族に偏った分配がなされたり、不公平感が生まれてしまうと親族間の争いになり遺恨を残すことになるため、一般的には遺産分割同意書等を作成し相続を受ける人すべての同意を得たうえで行われることが多く、またその書面を残すことで銀行預金などの分与に於いても有効な書類となるためです。...

NEXT

法律入門

subpage04

生前贈与というのをご存知でしょうか。普通財産は、その人が亡くなった後に相続人に分配されますが、それを生きているうちに行うことです。...

NEXT

大人の常識

subpage04

最近は生前贈与が増加傾向にあることを、ご存知の方も多いでしょう。その理由は、高齢者の資産を若い世代に分配することで、経済を活性化させる狙いがあるからです。...

NEXT